Stronghold MAMORU 園児を見まもる 安心を見まもる 現場を見まもる。

IoTコネクティッドサービス 送迎バス
安心見守り装置
置き去り防止をベストなIoTデバイスで
安心・安全と便利をトータルでご提案

送迎バス安心見守り装置 MAMORU(仮称)は、送迎終了時に『車内最後部に設置したボタンを押す』ひと手間で、
人による目視確認と車内に設置した人感センサの両方にて所在確認を行ない、置き去りを防止します。

目視確認後、確認ボタンを押すと人感センサが作動します。施錠後(ドアが閉まる)に万が一、
人が残っていた場合はセンサが検知し、クラクションが鳴るとともにハザードランプが点滅し、周囲にお知らせします。
また、このような緊急事態時には、メールでお知らせする事もできます。

地元静岡のニュースで
紹介されました

MAMORU(仮称) 車内センサ 確認ボタン ・車内の確認完了を通知する(車内後端に設置) 人感センサ ・置き去りを検知する ※複数台可能 ドア開閉センサ ・ドア開閉状態を検知する 車外通知 ■ ハザード制御 ■ クラクション制御 ■ メール通知機能(4G/LTE通信) ■ GPS(位置確認)※ ※オプション ■ 車内確認チェック記録

検知される流れ

  • キーをoffにすると
    車内の確認を
    促す
    音声が流れます

    OFF 車内の確認を行い確認ボタンを押してください
  • 車内の確認を
    実施するため
    後部座席に移動

  • 車内の確認後
    確認ボタンを押す
    確認履歴をクラウドで記録

    確認スイッチが押されるまで
    ハザードランプが点滅します(5分)

    確認スイッチが押されるまで
    ハザードランプが点滅します(5分)

  • 乗降ドアを
    閉めます

  • 人感センサが
    ONになります

  • 車内に人が
    取り残されていた場合
    人感センサにより検出

  • ハザードランプ点滅
    クラクション警報
    周囲にお知らせ
    園にはメールでお知らせ

ダッシュボード MAMORU 乗降ドア 開閉感知センサ 人感センサ 車内後端 確認ボタン MAMORU 安全キット MAMORU 1台 確認ボタン 1台 人感センサ 1~2台 ドア開閉センサ 1台 カタログダウンロード
+

ドライブレコーダーで安心をプラス 360°通信型
ドライブレコーダー
だからできること
HBAS-DR1をプラスすると現状の園児、
ドライバーの状況を正確に認知することができ、
安全記録としても保管することができます。

送迎バス安心見守り装置 HBAS-DR1 ROKUGA(仮称)は、
360°通信型ドライブレコーダーを送迎バス向けにカスタマイズしたモデルです。
ドアが開閉する度に、乗降状態を録画しクラウドに送信します。現時点や過去の乗降をクラウド上で確認する事ができます。

MAMORUとROKUGAの両方の装置を設置することで、運転者だけでなく運行管理者にも
リアルタイムで状況がわかるシステムを構築する事ができます。

+
HBAS-DR1 ROKUGA(仮称)
今の運行 場所の確認 園児の様子を確認 園児の乗降動画を送信 いつでも確認OK! 運転手さんの様子を確認 今知りたいを、PC・スマホ・タブレットで分かる! 運転手さん安全運転しているかな 今日は何人乗ったかな? 全員降りたかな? みんなお行儀良く乗っているかな? バスはどこにいるのかな?

ドアが開く度に乗降動画を
クラウドへ自動送信。
今を知り、万が一を防ぐのは、
HKS通信型
ドライブレコーダーの役目です!

お問い合わせ

hks_support_scd@hks-power.co.jp

デバイス詳細、HBASシリーズの導入について等、各種お問い合わせ